パソコン部品

AMD EXPOに対応したDDR5メモリ 5選

スポンサーリンク

AMD EXPO対応DDR5メモリ

事前知識として、Ryzen 7000シリーズのアーキテクチャは「Zen4」となり、「Zen3」環境下で推奨されているDDR4メモリの使用は不可になりました。よって、「Zen4」からはDDR5メモリのみの対応となっております。

上記点からRyzen 7000シリーズを使用するには、DDR5メモリへの移行が必須です。

そこでAMDは、以前までインテルのオーバークロック技術「XMP(エクストリームメモリプロファイル)」に頼っていたメモリオーバークロック技術を、異なる独自のオーバークロック技術「AMD EXPO」として開発し、よりAMDのCPU(Zen4)に最適化された環境を作り上げました。

そこで生まれる疑問が、「今まで使用していたXMPメモリは使えるのか?」というところだと思いますが、AMD EXPO対応のマザーボードはXMPも対応している製品が多いので、XMP3.0以上対応のDDR5メモリであれば、XMPを利用してオーバークロックすることが可能です。

では逆に、「AMD EXPO対応のDDR5メモリをインテル用マザーボード挿すとどうなるか」というと、AMD EXPO用のプロファイルが取得できないだけで、定格周波数での動作は行えるようです。

定格周波数での動作であれば、オーバークロックメモリに拘る必要がないのですが動作しない。ということにはならないようです。

既にXMP3.0のDDR5メモリを所持しており、Ryzen 7000シリーズ(Zen4)を使いたい!という方。

そのままXMP3.0のDDR5メモリを使用して動作させることが可能なのはわかったと思いますが、大事なのはRyzen 7000シリーズ(Zen4)の性能を最大限に引き出すなら、AMD EXPO対応のDDR5メモリの使用が断然おすすめ!ってことです。

そこで本稿では、AMD EXPOに対応している「Ryzen 7000シリーズ(Zen4)に最適なDDR5メモリ」を紹介しますので、ご購入の参考にしてみてください。

Ryzen 7000シリーズ

Ryzen 7000シリーズは、Ryzen 5000シリーズの後継となる新たなデスクトップ向けのCPU。

アーキテクチャは「Zen3」から「Zen4」へ進化し、ソケットも「Socket AM4」から「Socket AM5」へ刷新された、AMDの新世代CPUです。

DDR4メモリは非対応!DDR5メモリのみ対応なので注意が必要です。

新たなアーキテクチャ + DDR5メモリ、ということで7000シリーズを導入する場合には、新たにマザーボードを購入する必要がある方が大半だと思います。

少々導入までのコストが掛かるというのが難点ですが、Ryzen 7000シリーズのZen4は、従来のZen 3と比較してIPCで最大13%、シングルコア性能で最大29%の性能向上。マルチコア性能では最大45%の性能向上をうたっており、強力な処理能力を持ったCPUに進化していますので、導入の価値はあるでしょう。

現状出ているRyzen 7000シリーズのラインナップを以下で紹介します。

Ryzen 7000シリーズ ラインナップ

CPU名称コア数スレッド数TDP基本クロック最大ブースト・クロック価格
AMD Ryzen 9 7950X3D1632120W4.2GHz5.7GHz¥111,800
AMD Ryzen9 7900X3D1224120W4.4GHz5.6GHz¥95,800
AMD Ryzen 9 7900122465W3.7GHz5.4GHz¥68,404
AMD Ryzen 7 770081265W3.8GHz5.3GHz¥52,723
AMD Ryzen 5 760061265W3.8GHz5.1GHz¥37,500
AMD Ryzen 9 7950X1632170W4.5GHz5.7GHz¥89,980
AMD Ryzen 9 7900X1224170W4.7GHz5.6GHz¥62,612
AMD Ryzen 7 7700X816105W4.5GHz5.4GHz¥46,978
AMD Ryzen 5 7600X612105W4.7GHz5.3GHz¥33,680

AMD EXPOとは

ここでもう一度「AMD EXPO」についておさらいしましょう。

AMD EXPOは、Ryzen 7000シリーズから新たに導入されたメモリオーバークロック技術です。(AMD EXPO対応DDR5メモリに保存されたプロファイルを読み込むことで、動作クロックやメモリタイミング、動作電圧などの設定を自動で適用できる技術)

難しい手順は一切なく、マザーボードのUEFIで記憶されているプロファイルを選択するだけで手軽にオーバークロックを行うことができます。これはインテルのXMPと同じで慣れ親しんだ操作だと思います。

ではなぜ、従来使用していたXMPではなくAMD EXPOをAMDが開発したのでしょうか?

それは、Intel XMPは名前の通り「Intel(インテル)」が中心となって開発した技術。

それ故に、AMD側(AMD CPU)ではアクセスできない(制御できない)領域も多く、XMPでパフォーマンスをフルに引き出せてたか?と問われると、そうとは言い難い部分があります。

そこで、AMDは独自のオーバークロック技術を開発することで、AMDプラットフォームに最適なプロファイル設定を可能とし、AMD EXPO対応のメモリ製品を選択することでRyzen CPUのパフォーマンスを最大限に引き出すことを可能にしました。

これから進化をしていくであろう、AMDのRyzen CPUとは切っても切れない存在になるAMD EXPO機能。

現状、AMD EXPO対応しているDDR5メモリの種類は少ないですが、紹介させていただきます。

AMD EXPO対応 DDR5メモリ

AMD EXPO対応のメモリは「G.Skill」、「キングストン」、「CORSAIR」と、メモリ販売・PCパーツ販売の老舗から続々と発売されています。

何度もしつこく言いますが、Ryzen 7000シリーズの性能を最大限に発揮するためにはAMD EXPOが推奨されています。ぜひ、購入の参考にしてみてください。

G.Skill F5-6000J3238F16GX2-TZ5NR

 

メモリ容量(1枚あたり)16GB枚数2枚
メモリインターフェイスDIMMメモリ規格DDR5 SDRAM
データ転送速度SPD Speed:4800MT/s
Tested Speed:6000MT/s
モジュール規格PC5-38400(DDR5-4800)
PC5-48000(DDR5-6000)
電圧SPD Voltage:1.1V
Tested Voltage:1.35V
メモリタイミングTested Latency:32-38-38-96
メモリ機能ECC非対応
Reg非対応
AMD EXPO
ヒートシンク機能
1GBあたりの価格\688

Ryzen 7000シリーズのスイートスポットの6000MHzをカバーできるメモリ

CASレイテンシ値はEXPO実行時にCL32

G.Skill F5-5600J3636C16GX2-FX5

メモリ容量(1枚あたり)16GB枚数2枚
メモリインターフェイスDIMMメモリ規格DDR5 SDRAM
データ転送速度SPD Speed:4800MT/s
Tested Speed:5600MT/s
モジュール規格PC5-38400(DDR5-4800)
PC5-44800(DDR5-5600)
電圧SPD Voltage:1.1V
Tested Voltage:1.2V
メモリタイミングTested Latency:36-36-36-89
メモリ機能ECC非対応
Reg非対応
AMD EXPO
ヒートシンク機能
1GBあたりの価格\527

上のF5-6000J3238F16GX2-TZ5NRと比べると若干性能の劣るメモリですが、その分、価格は安くなっており、DDR4を購入するのと大差ない値段で購入できるDDR5メモリです。

光る機能は無いので、シンプルなメモリをお買い求めの方にオススメできます。

キングストン KF560C36BBEK2-32

メモリ容量(1枚あたり)16GB枚数2枚
メモリインターフェイスDIMMメモリ規格DDR5 SDRAM
データ転送速度SPD Speed:4800MT/s
Tested Speed:6000MT/s
モジュール規格PC5-38400(DDR5-4800)
PC5-48000(DDR5-6000)
電圧SPD Voltage:1.1V
Tested Voltage:1.35V
メモリタイミングSPD Latency:40-39-39
Tested Latency:36-38-38
メモリ機能ECC非対応
Reg非対応
AMD EXPO
ヒートシンク機能
1GBあたりの価格\751

CASレイテンシ値はEXPO実行時にCL36

CORSAIR CMH32GX5M2B5600Z36K

メモリ容量(1枚あたり)16GB枚数2枚
メモリインターフェイスDIMMメモリ規格DDR5 SDRAM
データ転送速度SPD Speed:4800MT/s
Tested Speed:5600MT/s
モジュール規格PC5-38400(DDR5-4800)
PC5-44800(DDR5-5600)
電圧SPD Voltage:1.1V
Tested Voltage:1.25V
メモリタイミングSPD Latency:40-40-40-77
Tested Latency:36-36-36-76
メモリ機能ECC非対応
Reg非対応
AMD EXPO
ヒートシンク機能
1GBあたりの価格

スイートスポットの6000MHzには届かないが、5600MHzのEXPO対応「CORSAIR」のメモリ

CASレイテンシ値はEXPO実行時にCL36

CORSAIR CMT32GX5M2B5200Z40

メモリ容量(1枚あたり)16GB枚数2枚
メモリインターフェイスDIMMメモリ規格DDR5 SDRAM
データ転送速度SPD Speed:4800MT/s
Tested Speed:5200MT/s
モジュール規格PC5-38400(DDR5-4800)
PC5-41600(DDR5-5200)
電圧SPD Voltage:1.1V
Tested Voltage:1.25V
メモリタイミングSPD Latency:40-40-40-77
Tested Latency:40-40-40-77
メモリ機能ECC非対応
Reg非対応
AMD EXPO
ヒートシンク機能
1GBあたりの価格\928

スイートスポットの6000MHzには届かないが、5200MHzのEXPO対応「CORSAIR」のメモリ

CASレイテンシ値はEXPO実行時にCL40

メーカー別 EXPO設定例

msi

asus

ASRock

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました