ゲーム

【Victrix Gambit Dual Core】世界最速の入力遅延(応答速度)コントローラーをレビュー!性能と耐久性はいかに

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

コンシューマー機・パソコンでゲームをプレイする時に必要なコントローラー。

皆さんはコントローラーを購入する時、何に重きを置いて購入を決めますか・・・?

大半の場合、機能性や、耐久性を気にして購入するのではないでしょうか。

かくいう私も、上記 2点を気にして、吟味した結果「Victrix Gambit」を選び、購入しました。

主に使用しているゲームは「Apex Legends」で、このコントローラーに変更してからエイムの上達を感じています。

実際に使用して、良かった点、悪かった点が見えてきたのでレビュー記事を執筆していきます。

Victrix Gambit

Victrix Gambitとは、Xbox Series X/S, Xbox One, PC用のゲーミングコントローラーです。

世界最速のXboxコントローラーとして、最少遅延と高速反応を実現しています。

トリガー停止位置や交換可能なコンポーネントなど、カスタマイズ性も高く、Victrix Control Hubアプリで設定を変更できます。

価格は10,000円前後で、この価格帯で買えるコントローラーとして、かなりコストパフォーマンスの高いモデルです。

外観・内容物

Victrix Gambitコントローラーの外観と内容物は以下の通り。

パッケージ

パッケージ内

中身(本体、スキン、USB、替えのアナログスティック等)

Victrix Gambitコントローラーの特徴として、外観のスキンの変更できることが挙げられます。

紫色、白色の2タイプがあり、紫色はラバータイプ、白色はプラスチックタイプです。

個人的には、ラバータイプの方が滑り止めが効いていて、FPSなど、手汗のかきやすいゲームには向いていると感じました。

デッドゾーン

Victrix Gambitコントローラーは、自動制御タイプのデッドゾーンが搭載されています。

この機能のおかげで、APEXのデッドゾーンを0、反応曲線を0にした時に起こる視点が勝手に動くドリフト現象が起こることがありません。

この自動制御デッドゾーンが優秀で、安定したエイムを提供してくれます。

デュアルショックやデュアルセンスと比べるとデッドゾーンが強くスティック操作に重さを感じますが、慣れてしまえば安定したエイムを手に入れることができます。

背面パドル

Victrix Gambitの背面パドルは、2タイプのパドルを付け替えれる仕様になっています。

左側が2パドル、右が4パドル、2タイプのパドルが付属しています。

好みによる部分なので意見はわかれると思いますが、私は2パドルの方が使いやすかったので、2パドルを使用しています。

コントローラーを普通に持った場合、背面パドルの操作は「薬指」で行うことになると思います。Victrix Gambitの背面パドルは薬指でも楽に操作できる操作感で非常に気に入っています。

背面パドルへのボタン割り当て方法

①設定ボタンを長押し状態 ⇒ 振り分けたい場所の背面ボタンを押下。
②設定ボタンの中心ランプが点滅 ⇒ 振り分けたい任意のボタンを押下。

割り当て方法は簡単で、ツールを使うことなく、コントローラー単体で済ませることができます。

背面パドルのボタン割り当て解除

①設定ボタンを長押し状態 ⇒ 無効化したい背面ボタンを2回連続で押下。

これだけで背面ボタンに割り当てたボタンが解除されます。

トリガーストップ機能

Victrix Gambitの「L2」「R2」トリガーは、全5段階の深さから好みの位置に設定することが可能です。

5段階という幅広い設定なので、自分好みの感覚が見つかりやすいのではないでしょうか?

また、Victrix Gambitのトリガーは表面が広く押しやすく、広いぶん操作性が高いのも良いポイントですね。

注意点ですが、トリガーを1番浅い位置に設定していると誤射撃が多くなります。

かなり感度が良いので、APEXなどで「L2」「R2」に射撃を設定している方は注意しましょう。

悪い点

Victrix Gambitを使用していて感じた悪い点は、ただひとつ。

耐久性の低さです。

気になる耐久性ですが、私の環境では2か月程度で「左スティックの動作不良」が発生。

Amazonなどのレビューを見ると、左スティックを最大まで倒しても少ししか倒してない判定になってAPEXでダッシュができない!って方がいました。(オートスプリント設定)

外観、性能、使いやすさは申し分ないのですが・・・耐久性は残念でした。

まぁ、こればかりは個体差があるので、しょうがないと割り切るしかないですね。

私の運が悪かっただけで、全然使えてるって人もいると思うので・・・逆に言えば、壊れなかったら私的には悪い点は一切なかったということ。

まとめ

個人的には、壊れてしまって残念だったコントローラーですが、性能は間違いありません。

1万円台で買える背面パドル付きコントローラーの中では、頭一つ抜けた性能だと思います。

自動制御デッドゾーンの恩恵でエイムは安定するし、背面パドルによって動きの幅も広がるので、FPSをプレイするのにおすすめできるコントローラーです。

この記事がVictrix Gambitの購入を検討している方の参考になっていれば幸いです。

記事は以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました