Sennheiser周辺機器

IE 100 PROのリケーブル方法。変換コネクタを使用してリケーブルの幅を広げよう

スポンサーリンク

Sennheiser IE 100 PROは一般的な規格の 「MMCX」 や 「2pin」 規格ではなく、Pentaconn Earという規格が採用されています。

Pentaconn Earは、一見、MMCX同様の形に見えますが、より高い耐久性や使い勝手も進化しているコネクターとなっています。

最近では、AcoustuneのイヤホンやSennheiserなどでの採用が次第に増えてきている規格です。

とはいえ「Pentaconn Ear」は最近採用の増えてきた規格で、まだまだ対応したリケーブルが「少ない」 or 「高価」という現状です。

Sennheiserなどで採用が増えてきている。

と上記で記載しましたが、もれなく「IE 100 PRO」もPentaconn Ear規格を採用しています。

本記事を見てくださっているということは、恐らく、「IE 100 PRO」の純正ケーブルが故障して買い換えたいけど何を買えばいいかわからない。

もしくは、純正ケーブルより質の良いリケーブルでより高音質で音楽を楽しみたいけど、どのようにリケーブルすればいいのかわからない。といった方が多数ではないでしょうか。

専用規格のリケーブルとなると選べる選択肢も減ってしまい、下記リンクの商品のように、8000円~10000円強という値段設定のリケーブルが多くランニングコストが掛かって仕方がありません。(AmazonでIE 100 PROを新品購入すると、約12000円。)

物を選べば、3000円~4000円弱で購入可能なケーブルも存在しますが、耳掛け部分が固くなってない、シェア掛けには適してない。といったケーブルが目立ちます。

シェア掛けしないのであれば選択肢に入ると思いますが、IE 100 PROを利用する上では、あまりおすすめできません。

そこで、私が今回この記事でおすすめしたいのが「MMCX」から「Pentaconn Ear」に変換する変換コネクタです。

この変換コネクタ1つあれば、手頃な価格・豊富なカラー・形状が存在するMMCX規格のリケーブルで、IE 100 PROを使用することが可能となりますので、ぜひリケーブル時の参考にしてみてください。

MMCX→Pentaconn Ear変換コネクタ

MMCX → Pentaconn Earへの変換コネクタですが、現状、あまり数は多く存在していません。

私が実際に使用した変換コネクタは下記の商品で、問題なくMMCX用リケーブルをIE 100 PROで使用することができました。

この変換コネクタさえあればMMCX用リケーブルをIE 100 PROで使用できるので、リケーブルの選択の幅が広くなります。

私は紫のカラーに惹かれて、Tripowin Zonieの3.5mm MMCXケーブルでリケーブルを行いました。

IE 100 PROリケーブル方法

以下に、IE 100 PROのリケーブル方法を記載します。

とても簡単に交換することができますので、リケーブルを検討している方は参考にしてみてください。

 

・手順1.純正ケーブルから本体を取り外す。

純正のケーブルと本体接続部は結構カッチリはまっています。

少々引き抜くのに力が要りますが、本体とケーブル接続部より少し下(黒く太くなっている部分)を指で摘み、上下に分離させる感じで引っ張ると取れます。

 

・手順2.リケーブルに変換コネクタを取り付ける。

使用になりたいMMCX規格のリケーブル側に、変換コネクタを接続します。

カチッと音が鳴る・感覚を確認し、少し引っ張ってみて抜けなれば大丈夫です。

 

・手順3.本体を取り付ける。

当然のことながら変換コネクタはPentaconn Ear規格となっているので、本体をパチッと取り付けることが可能です。

リケーブル完了後は、実際に音楽を流して正常に出力されているか確認しましょう。音が正常に出力されていれば完了です。

 

変換コネクタの欠点

今回この記事で紹介した簡単にリケーブルができる便利な変換コネクタですが、少し難点があります。

私は2SET購入したのですが、1つは変換コネクタが耳に当たると静電気?なのか漏電?なのかわかりませんが、ピリピリといった感覚が耳に来ました。

もう一つの方はそんなことなかったので、個体差があるのかもしれません。

気になる場合は変換コネクタに収縮チューブ等で絶縁処理をしてあげれば解決しますが、製品の品質的には少々問題があるかもしれません。それでもMMCXからPentaconn Earに変換できるのが便利すぎて使っていますが。

 

まとめ

変換コネクタ1つあれば、MMCX規格のケーブルで好きなのを選んでIE 100 PROを楽しむことが可能です。

1つ持っているいるだけで選択肢の幅が広がるので、IE 100 PROのリケーブルで悩んでいる場合は、購入することをおすすめします。

この記事が少しでも役に立った!と思っていただけたら、下部にある「シェアボタン」で広めていただけるとブログ運営の励みになりますので、よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました