ゲーム

【Apex】アーセナルのマップ変更・ランク改定点が中々面白そうな件

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

続々と出てくるシーズン17の新情報。

マップ変更(ワールズエッジ)やランクシステムの改定(10戦の認定戦機能)、射撃場の更なるアップデートなど、さまざまな要素が進化する模様。

ランクシステムのマップローテーションは、「ワールズエッジ」「キングスキャニオン」「オリンパス」と人気の高いマップが選択され、「ストームポイント」や「ブロークンムーン」に嫌気がさしてApexから離れた人も、戻ってきて楽しめるようなシーズンになりような予感がします。

今出ている情報でもだいぶ期待の持てる新シーズン「アーセナル」

本稿では、アーセナルでの変更点を簡素にまとめていますので、新シーズンの予習として見ていただければ幸いです。

マップの変更

まず今回、ワールズエッジが大きく変化(アップデート)しました。

ワールズエッジと言えばフラグメントイースト、フラフメントウエストというぐらい人気のエリア、ここが大きく変更されます。

アーセナル以前のフラグメント

アーセナル以前のフラグメント

アーセナル以前のフラグメントは決して足場の良いマップとは言えず、段差や傾きの多いマップでした。建物なども崩れている形状のものが多く、いかにも世紀末みたいな印象が与えられるマップ。

しかしアーセナルではこのフラグメントが整地され、以下のような見た目に変化しました。

アーセナルのフラグメント

アーセナルのフラグメント

段差や傾きは均され、崩れた建物は綺麗になり周りに緑が増えましたね。

目に見える変化が多いですが、その1つとしてウエストからイーストへの連絡通路がしっかり建設されています。

大きく目立つ画像真ん中の建物は、

モニュメント

モニュメント

モニュメントになっているようで、2019年から続くApexの過去・現在・未来を感じられる?建物になっているようです。

建物内には、何やら色々展示物があるようなので戦闘などが落ち着いたら見学すると面白いかもしれません。

モニュメント内部

モニュメント内部

色々変更のあるフラグメントですが、モニュメントの内部には武器、サプライボックスなどもしっかり配置されていますので、今まで通りフラグメントが激戦区になることは間違いないでしょう。

フラグメント変更の残念な点

地形が整地されたり、新たな建物が建設されたりと変更があったわけですが、残念点もあります。

それは、フラグメントの象徴ともいえる「ジップハウス」が撤去されてしまいました。

あの鉄骨ハウスは、キャラコン猛者のキャラコン披露場みたいな部分もあり人気の高い建物です。

特にストリーマーである「Faide」のムーブメントは見てて爽快なものがあり、それがフラグメントで見れなくなると思うと少し悲しくなりました。

フラグメントの整地の為にいけにえになってしまったジップハウスですが、どうやら完全になくなったわけではなく新たなエリアに移設されたようです。よかった。

鉄骨ハウス

フラグメントからジップハウスは撤去されたが、新たに鉄骨ハウスがビックモード付近のラバシティーに建設されました。

アーセナル以前のビックモード付近

変更前

アーセナルのビックモード付近

変更後

移設の理由は、マップの着地点の分布のバランスを取るためとのことです。

フラグメントのカジュアルだと、みんな一目散にあの場所に降下する印象なので、それを無くすためには逆にいい変更かもしれません。

キャラコン狂の新たな戦場は、ラバシティーの この建物になること間違いないので注目です。

上で紹介した以外にも、ミラージュボヤージュの復活や、スカイフック付近に新たな保管庫の追加等など色々な変更が新シーズンアーセナルでは施されています。

Apexから離れていたプレイヤーも楽しめそうな変更なので、新シーズンが始まったら一度プレイしに戻ってくることをおすすめします。

射撃場の大幅変更

前回のアップデートでダミーが動くようになったりして、ユーザーにとってはありがたいアップデートがされた射撃場ですが、今回の新シーズン「アーセナル」では更に素晴らしいアップデートが施されています。

アーセナル射撃場

新射撃場➀

アーセナル射撃場➀

射撃場➁

もう以前までの射撃場の面影がありません。

ダミーの他に建物や高低差のあるオブジェクトが設置されています。

今までは射撃の訓練がメインの射撃場でしたが、扉付きの建物が建設されたことにより扉使った戦闘の練習。

高低差のあるオブジェクトを使用したキャラコン練習(スーパーグライド)などができるようになりました。

また、今までフレンドと1v1をやる時は射撃場上で1つのオブジェクトを挟んでって感じが多かったと思いますが、新射撃場では、複数のオブジェクトを挟んでより実践的な1v1が行えるようになりました。

アーセナル射撃場➂

射撃場➂ 1v1にもってこい

ダミーボットの設定

新射撃場では、ダミーボットにプレイヤーを撃つように設定ができるようになります。

今までは裏技的な方法でダミーに撃ってもらうことができましたが、公式に設定ができるようなるのは大きいですね。

新サバイバルアイテムの登場

新シーズン、アーセナルでは「リスポーンビーコン」「ヒートシールド」に次ぐ、「脱出タワー(EVAC)」が登場します。

脱出タワー➀

脱出タワー➀

脱出タワーを設置することで、敵より有利な位置を取ることができたり、長距離の移動ができます。

脱出タワー➁

脱出タワー➁

この脱出タワーはマップ上にずっと残るのではなく、持続時間が設けられています。蓄積ダメージによって破壊される仕様なので武器で撃つことによって脱出の手を阻害することもできます。

新たなランクシステム

現状わかっている新シーズン、アーセナルで発表されているランクアップデートは以下の通り

  • 非公開のマッチメイキングレート(MMR)に基づいた新マッチメイキングを導入
  • 新たなスコアリングシステムでは、バトルロイヤルの勝利が重点的に評価
  • 新たなボーナスシステムでは、勝利に応じて報酬を付与し、敗戦による損失を軽減
  • スプリット時のリセットは撤廃。代わりに、シーズン開始前に振り分けマッチを10回行う

といった具合です。

今まではランクポイントを基にマッチメイキングが行われていましたが、アーセナルからは内部レートに基づいてマッチメイキングが行われます。

これはかなりいい変更点で、今までの場合だと、実力のある人が数シーズン振りにランクをやるとブロンズスタートとかになってしまい、本当にブロンズの実力の人が楽しむ間もなく轢き殺されるという理不尽が起きていました。

それを防ぐためにアーセナルからのランクシステムは、まず最初に振り分けマッチを10回行う必要性があり、ここで内部レートを決めるので大体同じ実力帯の味方と相手が来るようになるのです。

一応ランクはブロンズだけど、実力がダイヤ以上あると判断されれば相手はダイアレベルの敵が来るということです。

これはあまりにも実力差のあるマッチや、スマーフなどを防止するための取り組みでしょう。

また、アーセナルのランクはランクポイント(RP)が排除され、新たにラダーポイント(LP)というポイントに変更されています。

このラダーポイント(LP)はキルよりも順位(生存)を重要視したポイントになっています。

ラダーポイント表

ラダーポイント表

ラダーポイントの表を見てもらえばわかる通り、1位を取ればなんと200ポイントも貰えます。

これを見れば、いかに順位が重要になったかがわかるでしょう。

キルしなくてもLPポイントが大幅に稼げるので、今シーズンのダイヤやマスターは価値がない!とか言い始める人も出てくるでしょうが、バトロワとして生存することは最重要なので、十分価値のあるダイヤやマスターだと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

新シーズン、アーセナルは今までのApexからだいぶ進化しており、今出ている情報だけでもだいぶ面白そうな印象を受けます。

新シーズンが開幕するまで、楽しみに待機して始まったら思う存分楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました