周辺機器

白基調のお部屋にピッタリ!リフレッシュレート144Hz対応の白ゲーミングモニターを紹介

スポンサーリンク

ゲーミングモニターと言えば「黒色」の製品が多く、なかなか白色のゲーミングモニターはありません。

白基調でお部屋をコーディネートしているゲーマーの方にとっては結構悩ましい点で、できればモニターも白色に統一したいけど仕方なく黒色を使用している。という方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、白基調のお部屋の印象を崩さず、リフレッシュレート144Hz以上対応でゲーミングモニターとして十分使用できる「希少価値」のある白色ゲーミングモニターを複数紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ゲーミングモニターとは

ゲーミングモニターの細かい定義はないと思いますが、一般的に、リフレッシュレートが120Hz以上のモニターがゲーミングモニターと呼ばれています。

リフレッシュレートを簡単に説明すると「モニターに映し出される画面が1秒間に何回書き換わったのかを表す数値」なので、勘のいい方はお気付きかもしれませんが、リフレッシュレート値(Hz)が大きければ大きいほど、細かく描画されるという仕組みです。

ではなぜ、リフレッシュレートが高いモニターがゲーミングモニターと呼ばれるのか。

それは「細かく描画される」=「動作の残像が残り」ということで、激しい戦闘が行われるゲームや、綺麗なグラフィックを描画するゲームに向いているからゲーミングモニターと呼ばれるわけです。誰が名付けたか知らんけど。

ゲーミングモニターの説明、前置きはここら辺にで終わりにして、さっそくですが、白色モニター(ゲーミングモニター)を紹介していきます。

おすすめの白色ゲーミングモニター

GH-ELCG238B-WH

 

グリーンハウスの23.8型ワイドモニターは、応答速度1ms、リフレッシュレート165Hz、広視野角178°のFFSパネルを採用しており、見る位置や角度による色やコントラストの変化が少なく、色鮮やかな映像が特徴的。

HDMI × 2、DisplayPort、USB Type-A × 2、USB Type-B等が備わっています。

フレーム白、背面も白なので、白色で環境を統一したい人におすすめです。
もちろん100mm×100mmのVESA規格対応なので、スタンドが気に入らない場合は、モニターアームなどで調整すれば問題なしです。

 

Nitro XZ306CXwmiiiphx

 

29.5インチの湾曲モニターの本製品は、リフレッシュレート200Hz、応答速度1msを実現したゲーミングモニター。

ちょっとFPS系のゲームをプレイするには画面が大きい印象なので、RPGやレースゲームなどをプレイするのにおすすめできます。
特に、レースゲームでは湾曲モニターならではの「没入感」を感じられ、レースの世界に入り込めること間違いなしです。

 

JN-238GT240FHDR-CW

 

JAPAN NEXTの23.8型モニターは、3万円未満という価格でリフレッシュレート「240Hz」という破格の製品。

少しスタンドが貧弱な感じがしますが、付属のVESAスペーサーを使用することで75x75mmに対応しますので、別のスタンドやモニターアームへの換装も可能です。

裏面のLEDが正に「ゲーミング」感を醸し出していて、雰囲気作りには最高な製品だと思います。

 

BenQ MOBIUZ EX3210U

 

BenQ MOBIUZシリーズの「EX3210U」。
IPSパネルを採用した31.5インチの本製品は、4K対応やリフレッシュレート144Hz、PS5で120Hzなど様々な機能や高性能なゲーミングモニターです。デザイン性も非常によく、部屋の雰囲気に一気に高級感を演出してくれること間違い無しなモニター。

しかし、非常に値段が高く、正直手が出ないって方が多いのが事実。興味のある方、ぜひ購入してみてください(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

いくつか白色モニター(ゲーミングモニター)を紹介しましたが、144Hz以上で白色ってフィルターかけて検索すると、なかなか理想なモニターは見つかりにくい印象です。やはり黒色のモニターが圧倒的に多く、白色モニターは希少価値の高いものだということを感じました。

ざっと調べてみて、おすすめできるものだけを紹介しているので、ぜひ購入の参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました