パソコン

ボトルネックってなに?ボトルネックチェッカーの使い方と注意点紹介

スポンサーリンク

パソコンの性能を向上させるためには、CPUやグラフィックスカードなどのパーツをアップグレードすることが一般的ですが、単純にパーツを交換するだけでは、必ずしも最適な性能が得られるとは限りません。

なぜなら、パーツ間に「ボトルネック」と呼ばれる性能の制限が発生する可能性があるからです。

この記事ではボトルネックとは何か、そしてボトルネックをチェックするツールである「ボトルネックチェッカー」とは何か、その使い方と注意点について解説します。

ボトルネックとは?

bottleneck

ボトルネックとは、パソコンのパーツ間において、一部のパーツが他のパーツの性能を引き下げる現象のことです。

例えば、CPUが高性能であっても、グラフィックスカードが低性能であれば、ゲームや動画編集などの処理において、グラフィックスカードがCPUの性能を十分に引き出せないことになります。

このように、一部のパーツが他のパーツの性能を制限することで、パソコン全体の性能が低下することをボトルネックと呼びます。

ボトルネックチェッカーとは?

ボトルネックチェッカーとは、パソコンのパーツ間におけるボトルネックの有無や程度をチェックするオンラインツールのことです。

ボトルネックチェッカーでは、CPU・グラフィックスカードを選択することで、パーツ間にどれくらいのボトルネックが発生しているかをパーセンテージで表示してくれます。

また、どのパーツが他のパーツの性能を制限しているかも教えてくれます。

さらに、自分が今後交換したいと思っているパーツを選択することで、交換後にどれくらいの性能向上が見込めるかもシミュレーションしてくれます。

ボトルネックチェッカーの使い方

では、実際にボトルネックチェッカーを使ってみましょう。ここでは、以下のサイトを例に説明します。

Bottleneck Calculator | PC Builds
We bring you a unique calculator for bottleneck and chokepoint problems in your computer. We will help you to choose most appropriate processor and graphic card...

まず、このサイトにアクセスすると、以下のような画面が表示されます。

bottleneck-2

【Computer configuration】という項目内に、ボトルネックチェックしたいCPUとグラフィックボードを選択して、画面下部の【Proceed to Calculation】をクリックすることでボトルネック計算を行えます。

以下に、例を挙げます。

bottleneck-3

CPU:AMD Ryzen 5 5600Xと、GPU:GeForce GTX 1660 Tiの組み合わせを見てみます。

【Proceed to Calculation】をクリックすると、以下のような結果になりました。

bottleneck-4

上がCPU、下がGPUの結果です。

GPUが100まで行っていますが、CPUは80~90の間に留まっています。

この結果はGPU側にボトルネックがあり、CPUの性能を存分に発揮できていない結果となります。

何パーセントのボトルネックがあるのかも示しており、例に出した構成は15.8%もボトルネックがあります。

このような結果になってしまった場合は、GPUのアップグレードが推奨されます。

では、Ryzen 5600Xに合ったGPUを探してみましょう。探すのにも役立つのがボトルネックチェッカーで、GPUをRTX3060に変更して結果を出してみます。

bottleneck-6bottleneck-7

bottleneck-8

グラフを見れば一目瞭然、GeForce GTX 1660 Tiの時と比べると、CPU、GPU共に100付近を示しており、ベストな組み合わせといえます。0.3%のボトルネックなので、無しに等しいと言えますね。

ボトルネックチェッカーの注意点

ボトルネックチェッカーは、CPUとGPU(グラフィックボード)のボトルネックをチェックする便利なツールですが、いくつかの注意点があります。

まず、ボトルネックチェッカーはあくまでも目安であり、実際のパソコンの性能とは異なる場合があります。

なぜなら、ボトルネックチェッカーは、パーツのスペックや理論値をもとに計算しているため、実際に使用するソフトウェアや設定によっては、性能が変わる可能性があるからです。

また、ボトルネックチェッカーは、パーツ間のバランスを示すものであり、必ずしも最高の性能を示すものではありません。例えば、CPUとグラフィックスカードのボトルネック率が0%であっても、それは両方とも低性能である可能性があります。

つまり、ボトルネック率は相対的な値であり、絶対的な値ではありません。

まとめ

この記事では、ボトルネックチェッカーとは何か、その使い方と注意点について解説しました。

ボトルネックチェッカーは、CPUとGPU間におけるボトルネックの有無や程度をチェックするオンラインツールであり、パーツ交換の検討に役立ちます。

しかし、ボトルネックチェッカーはあくまでも目安であり、実際の性能とは異なる場合があります。

その点を理解した上で、ボトルネックチェッカーを使用してピッタリな組み合わせを見つけましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました