ゲーム

異なるゲーム間の感度を一律に合わせれるMouseExpertを紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゲームをプレイする際、異なるタイトルごとに設定されたマウス感度が異なると、操作感に一貫性がなくなります。

たとえば、APEX Legendsではエイムが良いけれども、VALORANTでは調子が悪いといった具体的な差異が生じることがあります。

上記のような差異が生じるのは、各ゲームごとにマウス感度の設定倍率が異なるため、同じ数値を設定しても実際の感度が異なるからです。例えば、APEXで「1.2」を設定しているプレイヤーが、VALORANTで同じ「1.2」を設定すると、非常に高い感度になってしまうといった問題があります。

この感度問題は、微調整するのにものすごく時間がかかり、大変な作業となります。

そこで、そんな大変な作業を軽減してくれる「MOUSE-EXPERT」という便利なツールがあるので紹介させていただきます。このツールを使用することで、異なるゲーム間での感度の違いを効果的に解消できます。

使用は非常に簡単で、APEXからVALORANTへの変換を例に挙げていますが、このツールは多くのゲームに対応しています。変換したいゲームを選択するだけで、感度の変換が可能です。それでは、以下で変換の手順を紹介します。

 

MOUSE-EXPERT

MOUSE-EXPERTを利用することで、異なるゲーム間の感度問題は解決します。

対応タイトルは

  • 1V1.LOL
  • 7 Days to Die
  • AVA
  • Apex Aim Trainer
  • Apex Legends
  • ARK
  • Arma 3
  • Back 4 Blood
  • Banana Shooter
  • Battalion 1944
  • Battlefield 2042
  • 黒い砂漠
  • Block N Load
  • Bloodhunt
  • Borderlands 2
  • Borderlands 3
  • Call of Duty: BO4
  • Call of Duty: BOCW
  • Call of Duty: Modern Warfare II
  • Call of Duty: Vanguard
  • Call of Duty: Warzone
  • Counter-Strike: Global Offensive (CSGO)
  • Cyberpunk 2077
  • Dark and Darker
  • Dauntless
  • DayZ
  • Destiny 2
  • Enlisted
  • Escape from Tarkov
  • Far Cry 3
  • Far Cry 4
  • Far Cry 5
  • Far Cry Primal
  • Fortnite
  • Garry’s Mod GTA 5
  • GTFO
  • GUNDAM EVOLUTION
  • Half-Life
  • Halo Infinite
  • Hogwarts Legacy
  • Hyper Scape
  • Insurgency: Sandstorm
  • Ironsight
  • Killing Floor 2
  • Krunker.io
  • Left 4 Dead
  • Minecraft
  • New World
  • Operation: Harsh Doorstop
  • osu!
  • Outriders
  • Overprime
  • Overwatch 2
  • Paladins
  • PAYDAY 2
  • PlanetSide 2
  • Portal
  • PUBG
  • Quake 3 Arena
  • Quake Champions
  • Rainbow Six Siege
  • Ready or Not
  • Redmatch 2
  • Roblox
  • Rogue Company
  • Rust
  • Shatterline
  • Star Wars Battlefront 2
  • SUPER PEOPLE
  • Splitgate
  • Squad
  • Team Fortress 2
  • Titanfall 2
  • Unreal Tournament
  • Unturned
  • Valheim
  • Valorant
  • Warframe
  • Warlander
  • War Thunder
  • World War 3

ここでは書ききれないぐらいのタイトルに対応しており、変換できないほうが難しい!と言えるぐらいサポートが良いです。

使用方法

MouseExpertにアクセスして頂き(リンククリックで遷移します)、必要な項目を選択していきます。

入力するのは、赤枠の部分だけです。

設定方法(MOUSE-EXPERT)

  1. 【変換元ゲーム】⇒例:Apexをプルダウンメニューから選択
  2. 【変換先ゲーム】⇒例:Valorantをプルダウンメニューから選択
  3. 【変換元感度】⇒例:Apexのゲーム内感度を入力(私の場合、1.3)
  4. 【変換元マウスDPI】⇒お使いのマウスのDPIを入力
  5. 【変換先マウスDPI】⇒お使いのマウスのDPIを入力(恐らく、ゲームによってDPIを変更することは無いと思いますので、変換元マウスDPIと同じ値を入れてもらえればと)

必要な項目を入力すると、黄枠部分に変換結果が出力されます。

ここに表示された値を変換先のゲームで設定してあげることで、変換元ゲームと同じ感度でプレイすることができます。(赤枠部分の「感度をコピー」押下でコピーできます)

ふとした時にしっくりくる感度を見つけた時、このツールを使用すれば、色んなゲームに反映させるのが非常に楽になります。

APEX

VALORANT

ちなみに、感度だけではなく、振り向きの値も知ることができます。

この振り向きの値を知ることで、自分がローセンシなのか、ミドルセンシなのか、ハイセンンシなのをか知ることができるので、気になっている方は確認してみてください。

~5cmUltra High (超超ハイセンシ)
5cm~10cmSuper High (超ハイセンシ)
10cm~15cmHigh (ハイセンシ)
15cm~20cmMiddle (ミドルセンシ)
20cm~25cmLow (ローセンシ)
25cm~30cmSuper Low (超ローセンシ)
30cm~Ultra Low (超超ローセンシ)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

以上が、異なるゲーム間の感度問題を解消してくれる便利なサイト「MouseExpert」様の紹介と、使用方法です。

プレイするゲームによって感度設定を都度する。といった面倒な作業時間を短縮できますので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

この記事が少しでも役に立った!と思っていただけたら、下部にある「シェアボタン」で広めていただけるとブログ運営の励みになりますので、よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました