パソコン

【2023年】2万円台まで降下したRyzen5 5600Xが自作PCにおすすめな件

スポンサーリンク

Ryzen5 5600Xは、AMDから2020年11月に登場したCPUです。

「Zen 3アーキテクチャー」を採用したコストパフォーマンスの高いモデルで、ゲーミング性能が高く、ミドルスペック帯のゲーミングパソコンを組むのであれば、間違いなく選択肢の1つに入ってくるCPUです。

もちろんゲームだけではなく、オフィス作業・動画編集なども快適に行えます。

高価格帯のCPUと比べると性能は劣ってしまいますが、必要にして十分なパワーを誇っているCPUと言えるでしょう。

Ryzen5 5600X購入時の注意点

Ryzen5 5600Xを購入する時の注意点ですが、5600Xはオンボードグラフィック機能非搭載です。

画面に映像を出力する為には、必ずグラフィックボードの購入が必要になってきます。注意してください。

また、5600Xはゲーミング性能が高いので、「GTX 1660 Super」レベルのグラフィックボードだと、GPU起因のボトルネックが発生します。できれば「RTX 3060」レベルのグラフィックボードと組み合わせてあげるのが望ましいです。

ボトルネックってなに?ボトルネックチェッカーの使い方と注意点紹介
ボトルネックチェッカーは、CPUとGPUの組み合わせで効率の低下を引き起こしているパーツを特定するツールです。本記事では、ボトルネックチェッカーの使い方と注意点について解説します。ボトルネックを特定した後には、CPUやGPUのアップグレードなどの対策を講じることで、システムの改善が期待できるのでおすすめです。

ボトルネックについてや、CPUとGPUのボトルネックの調べ方は上記の記事で説明していますので、参考にしてみてください。

Ryzen5 5600Xを推す理由

なぜ、「Zen4」になった7000シリーズが出た今、「Zen3」のRyzen5 5600Xを推すのか。

理由は簡単、価格が安くなっているからです。

発売時は約40,000円という価格設定だった5600Xですが、2023年現在、約20,000円という価格で販売されています。

以下のスペックで、約20,000円というのは正直破格だと思っています。

プロセッサ名Ryzen5 5600X
ソケット形状Socket AM4
TDP65 W
最大動作クロック周波数4.6 GHz
マルチスレッド
二次キャッシュ3MB
世代第4世代
コア数6コア
クロック周波数3.7GHz
スレッド数12
三次キャッシュ32 MB
グラフィックス
最大温度95℃

メーカーページ参考

あまり初期費用を掛けず、様々なゲームを楽しみたいユーザー」にとって向いているCPUだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました