パソコン

10万円弱で組める!ゲームもできる自作パソコンの構成例を紹介

スポンサーリンク

予算10万円での自作パソコン構築では、性能に直結する主要なパーツ(CPUやグラフィックボードなど)に重点を置くことが一般的です。そのため、メモリにおいてはデザインよりも容量を重視し、SSDも安価で容量が多いものを選ぶと良いでしょう。

例を挙げると、CPUはコスパの高い「Ryzen 5600X」や「Core i3-12100F」がおすすめ。

グラフィックボードは「GTX 1660 Super」や「RTX 3060」などがコスパに優れており、おすすめできます。

メモリ・SSDですが、メモリは予算が折り合えば16GB以上。SSDは最低でも500GBあればある程度のデータ、数本のゲームをインストールが可能です。具体的なパーツ構成の例としては、以下のようなものがありますので、参考にしてみてください。

また、自作パソコンの構成例を考えるうえで便利なツールも紹介しますので、よろしくお願いいたします。

構成例

CPU Ryzen 5600X BOX

CPUクーラー 「虎徹Mark III」 or 「DeepCool AK400」

マザーボード B550M Steel Legend

メモリ Team DDR4 3200Mhz PC4-25600 8GBx2枚

グラフィックボード MSI GeForce GTX 1660 SUPER

SSD トランセンド TS1TMTE110Q-E 1TB

電源ユニット 玄人志向 電源 KRPW-BK750W/85+

PCケース Thermaltake S100 TG Snow Edition

さて、ずらずらっと並べてみましたが、上記で少し触れた便利なツールを紹介したいと思います。

紹介するのは「自作.com」さんで、自分が組みたい!と思ったパーツ構成を選択していくだけで大体の値段、その選択したパーツ構成に互換性があるのか・ないのか。大体必要な推奨電源容量や、性能スコアリングを出してくれる優れたツールサイトです。

自作PC構成ツール・見積もり・パーツ互換性チェック|自作.com
自作の「自作PC構成・見積もり」は、自作PCのパーツ構成を予算や費用を確認しながら簡単にシミュレーションできる自作PCシミュレーターツールです。他の方が作ったPC構成は「みんなの自作PC」で探してみて下さい。自作ゲーミングPCの構成もたくさんアップされていますので、自分でパソコンを構成する時の参考になると思います。

こちら一度作成した構成を保存できたり、アフィリエイトコードが入力できたりブロガーにも嬉しいツールになっています。

まとめ

といったように、以上が約10万円で組めて、ゲームもできる自作パソコンの一例でした。

予算に余裕のある方であれば、CPUをもうワンランク上のものにする。とか、メモリを16GBから32GBへ拡張するなどすれば、さらに快適な環境を手に入れることが可能です。

余談ではありますが、私自身、Ryzen 5600XとGTX 1660 SUPERの組み合わせでパソコンを組みました。(メモリは16GB)

そんな環境でも、APEXの低画質設定なら安定して144Hz以上のFPS。VALORANTであれば低画質で200以上のFPSが出ます。

比較的軽いタイトルのゲームであれば、十分すぎるスペックのパソコンができるので格安でPCゲームを遊びたい!といった方はぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました