周辺機器

ゲーミングマウスのメンテナンス・修理パーツまとめ|ロジクール・Razer等

スポンサーリンク

この記事では、ゲーミングマウスのメンテナンス・修理パーツを紹介しています。

最近マウスの調子が悪い。(クリックやスクロール)

最近マウスの滑りが悪い。

最近マウスの充電の減りが早い。などなど不満を抱えている方、メンテナンス・修理パーツをまとめていますので参考にしてみてください。

※紹介しているパーツは主力マウスのパーツが多いので期待にそえない可能性があります。その点ご了承ください。

 

ロジクール

スイッチ類

G PRO X SUPERLIGHTのメインスイッチ(右クリック・左クリック)の型番はオムロン製の「D2FC-F-7N(G1)」。

(G1)が見つからなかったが、互換性のあるスイッチはいくつかありました。

参考サイト:ロジクールの超軽量ワイヤレスゲーミングマウス 『PRO X SUPERLIGHT マゼンタ』の分解レポート

おそらく上記スイッチで、大抵のゲーミングマウスのメインスイッチを修復することが可能です。(ロジテック、ロジクール製品も然り)

レビューを見る限りSuperlight、G Pro Wireless、G502や、ロジクールのみならず、Razerなどのマウスにも使用できるようです。

ホイール

G403、G603、G703、G703hに対応しています。

白&黒がG Pro X Superlight用、黒単色がG Pro Wireless用です。

エンコーダー

G403、G703、G703hなどに対応しています。

純正より柔らかいスクロール感になってしまいますが問題なく使用できます。(交換には、はんだスキル必須)

また、10型貫通軸で取り付け高9mmであれば対応しているので、以下のロータリーエンコーダーでもOKです。

秋月電子通商 アルプスパイン製ロータリーエンコーダ

 

G Pro X SuperLightの場合、エンコーダーは8mm高です。9mmの上記パーツは合いませんので注意してください。

8mmのエンコーダーはAmazonや秋月電子では見つかりませんでした。AliExpressから購入するのをおすすめします。

G Pro X Superlight互換交換パーツ8mmホイールエンコーダー

バッテリー

バッテリーは正直DC3.7Vのリチウムバッテリーであればどのマウスでも流用することが可能です。

ただし、極端にバッテリーサイズが大きい場合はマウス内に収まらない。

容量の大きいものを選び重量化してしまい、せっかくの軽量マウスが台無しになる。

といった現象も起こりかねないので、注意しましょう。

ちなみに私が使用しているG703hの純正バッテリーは、240mAhしかありませんでした。

軽量化1

G703hの純正バッテリーは240mAh。これで60時間の寿命とは凄い。

ソール

消耗品であるマウスソール。

主力マウス(G502、G502X、G PRO SL、G703h)のおすすめソールを紹介します。

個人的にですが、マウスソールはEsportsTiger 一択です。好みの問題ですが、Arc1よりArc2の方が滑りやすいけど滑りすぎない感じで好きです。

あとArc1は摩耗が早いです。でも2枚セットなんでそれなりの期間持ちますが。

 

Razer

スイッチ類

Razer Deathadderなどのメインスイッチ交換に使用できるマイクロスイッチです。

最新のRazer製マウスで使用されている「第3世代オプティカルマウススイッチ」の互換品は見つかりませんでした。スイッチチャタリングが起きた場合は、Razer公式の保証を受けることをおすすめします。

ホイール

Razerの交換用ホイールを探しましたが、見つかりませんでした。

ロジクールの交換用ホイールは多数見つかりましたが、Razer用の交換ホイールは見かけません。

ということは、ロジクールのマウスホイールは弱く、Razerのマウスホイールは耐久性が高いとも考えられますね。

エンコーダー

秋月電子通商 アルプスパイン製ロータリーエンコーダ

Razer Viper Miniであれば、ロジクールで紹介した9mmサイズで交換可能です。

V2 PROとかになると8mmとの情報があります。

V2 PROなどに使用されているホイールエンコーダーはKailh製なので、同じくKailh製の8mmを紹介します。

Kailh製ホイールエンコーダー 8mm

8mmの他に7mmや10mmなどあります。いくつかサイズをストックしておくと色々な修理に役立つ可能性が高いです。

バッテリー

適合するバッテリーを見つけることができませんでした。

ただ、Viper V2 PROやDeathAdder V3 Proは3.7Vの300mAhということが分かりました。

これに合うリチウムバッテリー形状であれば互換性があるかもしれません。

参考サイト①:Razerの超軽量ワイヤレスゲーミングマウス『Viper V2 Pro』の分解・実重量レポート ~センサーは今回が初出のPAW3950

参考サイト②:Razerのワイヤレスゲーミングマウス『DeathAdder V3 Pro』の分解レポート ~Viper V2 Proとほぼ同じパーツ・構造

 

まとめ

順次、修理・メンテナンスパーツが見つかり次第更新していきます。

壊れたらそれまで。ではなく、愛着を持ってお気に入りのゲーミングマウスを長く使用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました